薬剤師の私が彼氏から聞いた怖い話

薬剤師の私には看護師として働いている彼氏がいるの。
彼氏が働いている病院は昔お墓があって、そこを潰して病院を建てたのだそう。

彼氏が夜勤の仕事をしているとたまに不思議な事が起こるのだそうです。
誰もいない霊安室からボソボソと声がしたり、階段からパタパタと走る音がしたり…
薬剤師の私は怖い話が苦手なんだけど、ついつい聞いてしまいます。

彼氏が一番怖かった出来事を教えてもらいました。
それは2、3年前のこと…

その日はなぜか風邪なんてひいてないはずなのにゾクゾクした寒気があったみたい。
それでも頑張って夜勤にきた彼氏は体調の悪さを忘れようと忙しく仕事をしていたんだって。

仕事がひと段落した真夜中…
休憩室で一休みしているとテーブルの下で足に何かが当たる感触が…
なんだろうってしゃがみ込んで覗き見たら、白装束を着た髪の長い女が四つ這いになって髪の隙間からこちらをジーっと見ていたんだって!
彼氏は叫びながら休憩室を飛び出して、他の看護師がいるナースステーションへ逃げたらしいですよ。

そんな怖い事があっても彼氏は今の病院を辞めてません。
所詮は死んでいる人間だから…と割り切っているみたい。
薬剤師の私だったらすぐ辞めてますよ!

病院ってやっぱり出る場所なんだなぁ…と薬剤師の私は改めて思いました。

リクナビ薬剤師 リクナビ | 株式会社リクルートキャリア