薬剤師への質問

質問1.病院で鼻炎薬を貰っている花子さん(30代未婚、現在妊娠していません)が
お薬手帳を持たずに、市販薬の毛虫刺されの薬を求めに薬店にやって来ました。
症状としては、ひどいかゆみが有り、背中に赤いブツブツが2~3個有る状態
ですが、アレルギーは有りません。

来店した花子さんに、その症状や状況等を聞いた店の薬剤師さんは、次の様に対応しました。

A薬剤師:とりあえず痒みと炎症を抑える事が大事なので、抗ヒスタミン剤の
     dl・マレイン酸クロルフェニラミン内服を1回に1~3錠、1日1~
     2回飲む事をお薦めします。注意点としましては、体を温めると痒みが 
     一層増すので、今夜は風呂に入らず、温かいシャワーだけにした方がよ
     ろしいです。
     又、病院からもらっている鼻炎薬は、この薬を服用している間は服用し
     ない様にして下さい。
     更に、薬を服用後16時間位は、車の運転や危険な機械の使用はしない様に
     して下さい。

B薬剤師:次の様な成分の塗り薬をお薦め致します。その成分は、フルオシノロンアセ
     トニド0.025%,フランオマイシン硫酸塩3.5mg(カ価)となっております。
     5g入りのチューブです。
     この薬を使う際の注意点としましては、次の点が有ります。
     この薬は長くても2週間迄の連続使用にとどめる事が、大切な注意点となり
     ます。
     更に注意事項として、次の項目を守って頂く事が必要な点であります。
     塗布に際しては1日3回迄の使用にし、体の表面積の1/20以上の部位には
     塗らない事です。さらに顔面、恥部への使用を避ける事などです。

C薬剤師:症状が広範囲に及ぶのを聞き・見て、薬で対処するより先ず病院で皮膚  
     科を受診される事をお薦めします、と伝える。

D薬剤師:今お使いの薬の情報が知りたいので、お薬手帳を持って、もう一度
 ★   来店して下さい、と花子さんに依頼する。
     花子さんはお薬手帳を持って再来店する。
     お薬手帳には、鼻炎薬の塩酸セチリジン10mgを1日に1錠就寝前            
     に服用(7日先の日付迄)と記してあり、病院の薬はこの1錠のみ
     であった。それを見た薬剤師さんは、ベタメタゾン吉草酸エステル
     (塗り薬)なんかよく効きますよ、と薦めると、花子さんはその薬の
     購入を決める。そこで薬剤師は、いろいろと以下の注意点を説明して、
     薬を渡しました。
      ①長くても2週間の使用や、背中の1/2以上の広さには塗らない事。
      ②1日2回迄の使用にする事。
      ③顔面、恥部には使用しない事。
      ④今夜は風呂を止めシャワーだけにする事。
      ⑤飲酒は痒みを強くするので、禁酒がベストだと伝える。
     そして薬剤師さんは、注意点というのは薬を使う際の大切な事なので守る
     様心掛けて下さい。と付け加えました。
     
**************************************
ベストアンサー:D薬剤師
     
     お礼回答
     とても役に立ちました。これからの接客に是非参考にしようと思います。
     病院で別の薬をもらっている場合は、それがどんな薬であるのか確認して
    (お薬手帳などで)初めて、来店されたお客さんの薬の相談に対応出来るのだ  
     と分かりました。

薬剤師求人比較 水口病院| 採用情報: 求人情報: 薬剤師 募集